男性

アリによる被害とアリ駆除いついて|害虫及び害獣トラブルを解決

このエントリーをはてなブックマークに追加

ねずみによる被害について

鼠

ねずみによる被害というのは、日本各地で発生しています。被害内容として挙げられるのは、食害やケーブル・ガス管・建材・家具等の破損被害、衛生被害等です。都市部や住宅街では、破損被害や衛生被害が主な被害内容となるでしょう。食害に関して、農村等で多く発生している被害となっています。農村等で食害を発生させるねずみというのはハツカネズミと呼ばれるもので、非常に小さなねずみです。性格は穏やかで好奇心旺盛なため、罠などで簡単に捉えることができるでしょう。しかし、生後20日から繁殖できるようになるため繁殖されてしまった際には個人でのねずみ駆除が困難になります。そういった場合には、ねずみ駆除業者に依頼して巣ごと根絶してもらいましょう。
都市部や住宅街で被害を発生させるねずみに関しては、ドブネズミやクマネズミによる被害が一般的です。ドブネズミやクマネズミはハツカネズミに比べ体格が大きく、可愛げの無い見た目をしています。ドブネズミに関しては肉食性に近い雑食で、性格も獰猛です。また、賢いため危険を察知した際には身を潜めます。しかし、相手に害が無いと察知した場合には、攻撃を仕掛けてくることも屡々あるのです。例えば、赤ん坊や体の弱いお年寄り等はドブネズミにとって自分よりも弱い存在となります。そのため、そういった人のいる環境でドブネズミが発生した際には、すぐにねずみ駆除業者に連絡して退治してもらいましょう。最悪の場合、赤ん坊の体をドブネズミに齧られてしまう可能性があります。そういった被害が発生してしまう前にねずみ駆除業者に退治を依頼することで、自身の家族の安全を守ることができるのです。