男性

アリによる被害とアリ駆除いついて|害虫及び害獣トラブルを解決

このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な蜂の駆除

蜂

日本国内にいる蜂の中で最も危険な蜂というのは、スズメバチです。スズメバチと一概にいってもその種類は多岐に渡り、その中の一つとしてキイロスズメバチが挙げられます。キイロスズメバチは最もポピュラーなスズメバチで、オオスズメバチよりもやや小柄な種類です。しかし、スズメバチには変わりないため攻撃性が強く、少しでき巣に近づいたり刺激してしまったりした際には毒針による攻撃を受けてしまうでしょう。
キイロスズメバチは住宅街でも見られ、毎年多くの被害を発生させています。自身の住む住宅のすぐ近く等で頻繁にキイロスズメバチが見られる場合、近くに巣があるかもしれません。スズメバチの巣というのは、軒下や庭の土の中、木の幹の中、倉庫の中等様々な場所に営巣されます。そのため、気付かない内に近づいてしまい毒針で刺されてしまう、といったことも多々あるのです。そういった被害を受けた場合、死に至るケースもあります。巣を発見した際には、専門の駆除業者に依頼して退治してもらう必要があるでしょう。専門の駆除業者は無料相談を受け付けていることが多く、巣を発見していない状態であっても頻繁いその姿を目撃している、といった相談を気軽に行うことが可能です。場合によっては、現地調査に訪れてくれるかもしれません。それにより巣が見つかった際には、1時間前後で駆除を行なってくれます。駆除費用は掛かってしまいますが、自身と周囲の身の安全を守れると考えれば、必要な出費だと考えらえるはずです。